« 20号 | トップページ | カラムーチョ »

2018年9月16日 (日)

目的は、恒久平和と貧困の差と不安を無くし自立した人間宣言国。

朝鮮を「野蛮」視した人種差別優生主義者の福沢諭吉と違って勝海舟は確かに人権思想が有りました。
しかし列強に負けない富国強兵論に流され本来の意味の在民主権(主権が国民にあることと言う)でなく皇族も含む財閥と軍部独裁・天皇支配を許し。
本来の民主化というものに変わる事は出来ずに無条件降伏と言う敗戦に向かっていった。
財閥解体…軍需産業の過剰利益存在矛盾///税金対策
天皇支配の否定、人間宣言、環境保護平和天皇宣言
国民投票制
鉄道、郵政の国営化
米軍基地の撤廃
公害企業の解体から国営化企業へ
企業競争原理の訂正(共同で使える部品や形状を統一)
平和貢献は、軍事でなく災害援助
国内の衣食住の自立
企業と地域共同体が密接した災害対策及び自立
自然エネルギー特に地熱発電、潮力発電推進
原発ゼロ・核エネルギー廃止宣言
食品添加物の禁止…特にマーガリンなど
無農薬有機栽培の義務化へ
食料生産備蓄の仕事人生5年間義務制
世界自然倫理観の勉強会も含む
人権公民権教育の義務
宗教金儲け原理主義への指導改善
精神的・心的貧困へのボランテア政策
医療はただ

« 20号 | トップページ | カラムーチョ »