« 冬支度 | トップページ

2018年10月17日 (水)

中国軍高官2人党籍剥奪 ( 軍事 )

 16日中国国営新華社通信は、中国軍統合参謀本部房峰輝前参謀長お軍政治工作部張陽前主任に収賄など重大な規律違反があったとして、中国共産党が党籍を剥奪する処分を決めたと報じた。
 報道によると、房、張両氏は、軍の調べで、贈収賄や出所不明の巨額の財産所有などが判明した。房氏は今後起訴の手続きに入る。張氏は調査中だった昨年11月に自宅で自殺している。
 両氏は、習近平国家主席がトップを務める軍の指導機関中央軍事委員会の委員だった昨年汚職の疑いで失脚していた。
 習政権には、2人の処分で軍の更なる引き締めを図り、軍を掌握する狙いがある。
注:中川孝之「中国軍元高官ら党籍剥奪」『読売新聞』2018年10月17日
  「中国、前参謀長房峰輝贈収賄容疑で捜査」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/66128659.html
  「中国軍高官2人失脚」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/66010443.html

« 冬支度 | トップページ